「BONES」陽気1 第14申し立てを見て

  • 投稿者 : wp_sv_860_7660
  • 2017年6月4日 3:50 PM

米国ドラマ「BONES 骨はおっしゃる」ピーク1の第14物語を見ました。

こういう回はめずらしくブースは抜きで、ブレナンといったザックの2人で惨事場面に向かう状態からの発端でした。

直後、惨事ではなくイベント性がある骨が発見されたことから、ブレナンはブースをラボに呼び出します。

この時ブースが「本当は自分に会いたかったんだろ?」ってブレナンに言ったのには幾らか驚いてしまいました。

ブースが小気味よいメロディーでそんな触れ込みを言うのも意外でしたが、いつの間にやら双方は思い切り仲良くなっていたんですね。

ブースのスマイルが無性にステキなので、にっこりが立ち寄りませんでした。

他にも、運転中のブースのほっぺたをブレナンがつねって2人で微笑み見合う状態など、少しずつギャップが縮んでいるのがうかがえて快くなる。

そうして、初登場した迷子ヒト探査のプロであるジェシーですが、ブレナンに大いに惹かれている様子だったので、どうしてなることやらとビクビクしました。

お互いに両親が失踪して掛かるヒト友達ということで、伝わり合える要所も多かったのではと思います。

最終的に、父兄の失踪についての調査ファイルはブースに託すことにしたブレナン。

未来なんらかの増進が見られることを注意目指すだ。脱毛サロンより安い医療脱毛が登場!もう医療脱毛の時代に!